はるか天平の昔に都が造営され、日本六古窯の1つであるやきものの里、信楽ですが、 中でも紫香楽ラボが、暖かくユニークな活動を実施されていると感じる皆様の情報をご紹介しています。


信楽情報トピックス 信楽全般情報リンク

タラオカントリークラブ&ホテルレイクヴィラ

信楽町多羅尾の、年間を通じて穏やかな気候と自然を利用した、ゴルフ場、テニス場、天然温泉、ホテル・コテージなどを有する総合リゾート施設です。 ⇒詳しく

炎の里 信楽の宿 小川亭

ogawa.html 明治27年に料理旅館として開業した老舗旅館。
信楽たぬき温泉・信楽焼有名作家の器でおもてなし。
 ⇒詳しく


朝宮茶 茶城 藤田園

新商品を企画開発されたり、信楽の観光案内にも寄与されているお茶屋さん。
日本最古の茶畑「朝宮茶」の伝統を継承しながら、お茶や茶器を通じた識者のネットワークを構築。 ⇒詳しく

たぬきや総本家 狸庵

rian.html 今日の信楽狸大発展の礎を築かれた陶器店。
狸神社も祀られ、入り口には阿吽の狸像。初代 藤原銕造さんより受け継がれる匠の技にこだわった、様々な陶器狸を創作されており、店内ではその歴代店主の狸作品も拝見することができます。 ⇒詳しく

信楽高原鐵道

rail.html ディーゼルで緑豊かな路線を走る、鉄道ロマンと信楽情緒にあふれた高原鐵道。 ⇒詳しく


滋賀県陶芸の森
ceramic.html 緑あふれる散策公園の中に存在する芸術交流や振興の拠点。 陶芸を愛する世界の人々のために、信楽の町を一望できる丘陵の自然を生かして1990年に開設。 ⇒詳しく


信楽町商工会
商工会のサイトですが、経営関連情報以外にも「火祭り」「陶器まつり」などの祭事のインフォメーションや、信楽の物産、観光見どころ情報なども掲載されています。
信楽伝統産業会館
昭和49年に信楽焼が伝統工芸品の指定を受けたのを機に昭和52年、「信楽伝統産業会館」は建設されました。はるか天平時代から近代にいたる信楽陶器の展示に加え、現在活躍中の作家による作品展も催され、信楽陶器の初期~現代までの流れを実際の陶芸品を前にし、見つめることができます。
信楽陶器工業協同組合
工業協同組合という名前から受ける印象以上に幅広く、信楽の発展・振興のために活動されている団体です。
独自の陶土工場や原料・資材倉庫を保有され、陶土の精錬や新原料や加工技術の開発研究も実施。メーカーヘの原料や資材の供給を筆頭に、広報にいたるまで、製造業者の生産活動を支援されています。HomePageでは、信楽の歴史や説明、陶器用の粘土についても分りやすく説明されています。
甲賀市公式サイト
2004年10月1日から甲賀郡信楽町は水口町、土山町、甲賀町、甲南町と合併し、甲賀市信楽町となりました。観光を含め、甲賀市全般の情報はこちらへ。紫香楽宮跡の発掘は、甲賀市教育委員会文化財保護課が担当されており、進捗状況は不定期ですが「広報こうか」にて報告されていきます。
紫香楽ラボオンラインショップ
紫香楽ラボOnlineShop
信楽焼のテーブルウェア、キッチン雑貨など、 おしゃれな和モダン陶器など販売。
上へ
紫香楽ラボ株式会社 ーJAPAN CULTURE DISING 未来史耕創智企業ー 
〒529-1802 滋賀県甲賀市信楽町大字黄瀬2321番地1  TEL:0748-83-8255 FAX:0748-83-8233
お問い合わせ 紫香楽ラボオンラインショップ